沖縄には巨大かたつむり アフリカマイマイ。見つけても触ってはだめ!


ようやく梅雨が明けたと思ったら、真夏レベルの太陽がカンカンな沖縄です

梅雨の時期に道をみているとかなりの量のかたつむりがいる。もう尋常じゃないくらいにかたつむりだらけで、夜歩くときは、iPhoneのライト機能を使って、地面を照らしながら歩かないと踏んでしまうほどです。あまりに多すぎて車道を歩いていました

今回は見苦しいので画像は載せず(油絵調に加工)に情報だけ記載します。

でかすぎるかたつむり

その中に、かなりデカイかたつむりを発見、アフリカマイマイという種類のようです。通っていた道の近にペットショップがあったので、ペットショップから逃げてきたものだと思っていたんですが、よく見ると結構いる、っていうかかなりいる。色は真っ黒な感じです

wikiで調べると、なんでも食べる様子。繁殖力も旺盛で、かなりいるみたいですね
※wikiには写真あります

雌雄同体で、繁殖力もすごく卵を大量に産んで10日で孵化するみたいですね

成貝の寿命は歯舌が磨り減って摂食不可になるという最後はかなりかわいそう。


危険性

寄生虫がいるらしく、見つけても絶対に触ってはいけない。沖縄で死亡例もあるみたいです
農業害虫らしく、持ち出し禁止になっているので、沖縄からは出さないでください。

食べると美味しいらしい

いろいろ調べると、捕まえて食べている人が結構いるみたいです。エスカルゴの缶詰にはこれが入っていることが多いみたいですね。
ただ触った手はしっかり消毒しないと最悪死に至ります。


まとめ

沖縄の雨の日の夜の道はとにかく地面をしっかり見ましょう。結構な確率で歩いています。見つけても絶対に触らないように。
さらにGも結構います。。。(うわさの巨大Gはまだ出くわしてないです)

この記事を書こうと思ったのは、やっぱりかたつむりに触れずに歩かないと、かたつむりになるんじゃないかっていうウェザーリポートのスタンド能力を思い出したからです。やっぱジョジョネタなんです。。。

2015-06-16 | Posted in 観光No Comments » 

関連記事

Comment





Comment