スーパーで出来立て買うのが当たり前。島豆腐、ゆし豆腐


私が住んでいる地域では豆腐はプラスチック容器に入ったひんやりしたものというイメージです。ほとんどの場所がそうだと思うのですが、沖縄はスーパーで出来立てが売られています

今回は、新都心天久りうぼうの豆腐売り場で売られている島豆腐とゆし豆腐を紹介します

島豆腐とゆし豆腐って?

島豆腐とは


沖縄で作られるかたい木綿豆腐。豆汁(ご)(大豆をすりつぶした乳状の汁)を生のままこした豆乳ににがりを加えて煮て、型に入れて重しをし、よく水けをぬいてかたく仕上げる。◇一般的な豆腐の製法では、豆汁を煮てからこして豆乳を作る。「沖縄とうふ」「かた豆腐」ともいう。

ただ体感としては木綿豆腐ですね。木綿豆腐をもう少しずっしりしたものらしいです。タンパク質が通常の豆腐の1.3倍のようなので、筋トレ中の人はよいプロテインですね

ゆし豆腐とは


沖縄の郷土料理で、豆乳ににがりを入れただけで枠に入れて固める前のやわらかいおぼろ状の豆腐。そのまましょうゆをかけて食べるほか、みそ汁などの具にしたり、沖縄そばにのせたりして食べる。

しょうゆをかけなくても塩分の効いた汁に入っているので、そのままスプーンで食べてもかなり美味しいです。よく食べるのでさすがに飽きてくるとしょうゆやダシを使って味付けして食べるようになります


種類が多くて、安い

これを見てもらってもわかると思うのですがかなり安いです。そしてとても美味しい。いろんな会社があり、味がそれぞれ違います。まえさと豆腐は鉄釜の独特の香りがあって、賛否両論ですが癖になります。ゆし豆腐500gなんか一人で食べきれないくらいの量があり、これだけでお腹いっぱいになります

値段もかなり安いです。そして毎日のようにセールがあって、この曜日はここの会社の豆腐が安くなりますよーって感じで、普段より安売りされていることがあります。


出来立てが食べれる

各社豆腐の配達時間が決まっていて出来立てを食べれます。あるあるネタですが、みんな触って豆腐の温度を確認して熱々のものを選んで買うことが多いですね

配達時間帯には直接持ってくるので、本当に出来立ての豆腐をその場で受け取ることができます


まとめ

観光できたときでもお店で食べるのではなく、スーパーで購入してホテルで食べることも可能です。とくにゆし豆腐は味付けしなくてもそのままでかなり美味しいです

新都心だけでなく、どこのスーパーに行っても出来立て豆腐が販売されている沖縄は豆腐好きにはパラダイスです

大豆アレルギーの私ですが、すこし口の中がぴりぴり(アナフィラキシー)しながらも、美味しくいただきます

2015-06-18 | Posted in お店, カルチャーNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment