沖縄から東京に日帰りで東京ディズニーランドも楽々!夏季限定のANAギャラクシーフライトがすごい。


ANAギャラクシーフライト

沖縄の天気は不安定で困ります。昨日の夜は傘が壊れるほど(実際壊れた)の土砂降りの中、家まで気合いで帰り、濡れた服を洗濯しましたが乾かず、今日も雨だったので、濡れながらコンビニで傘を買って、そのままコインランドリーで乾燥機を使いましたが、帰ることには雨は止んでました

沖縄では少し遠くの空模様を見て、すぐ止む雨かどうかを判断する必要があります。

全国的に夏休み突入ですが、それで騒いでるのは学生だけで社会人は普通に仕事です。連休が取れる人もいれば取れない人もいます

そんなうちなーにオススメなのが、ANAギャラクシーフライトです。


ANAギャラクシーフライトとは

夏季限定で深夜便を運行するANAのフライトプランです

ANAギャラクシーフライト

おそらく東京で働く人のために仕事終わりで沖縄に向かって、次の日1日遊んだあと深夜に帰るというプランだと思います。

以下のようなイメージです

ANAギャラクシーフライト

例えば日曜日だけが休みの場合、
・土曜日の仕事終わりで羽田→那覇に移動
・ホテルに一泊。日曜日満喫
・日付が変わった月曜日の深夜に那覇→羽田に移動
・家に帰って着替えて出勤

なかなかのハードスケジュールですが、休みの日を満喫できますね。ただ東京からだと土曜日の夜にホテルに泊まらないといけないので、日曜日の朝一番に飛行機でも問題ないのでは?という疑問もあります。10時半についても十分に満喫できます


実は沖縄→東京の方が便利!

これを逆バージョンで考えると

日曜日だけが休みの場合、
・土曜日の仕事終わり仮眠し、深夜に東京に移動
・日曜日の早朝に東京着。終日遊ぶ
・夜に東京→沖縄に戻る。
・自宅で睡眠し、月曜日仕事に

こっちの方が睡眠時間が確保できるので、仕事には支障がないと思います。早朝に移動なので、飛行機内を睡眠時間に充てられる上、ホテル代も不要。さらに早朝(5:50)に到着するので、目的地までの移動に使えばフルに時間が活用できます。


東京ディズニーランドを満喫する

東京ディズニーランドまでですが、飛行機を降りて移動を含めて6:30の電車で向かったとしたら、7:30頃に到着します。

東京ディズニーランド

入り口ゲートまでの移動を含めると、開演の8:00にスムーズに入ることができそうです。また夜間のエレクトリカルパレードの時間を調べたところ、見終わって移動したとしても20:30の電車に乗れるそうなので、帰りの飛行機(22:55)には間に合いそうです。飛行機は疲れて寝てしまっても乗り過ごすことなく起こしてくれます

ディズニーランドを満喫できそうですね

注意すべきは、バスやゆいレールなどは動いていないので、那覇空港からはタクシーか車が必須だと思います


気になる料金は

こんな感じです。

ANAギャラクシーフライト

日程によってはかなり高いかもしれません。LCC考えると時間があれば、前日入りでホテル泊まれるくらいの差がありそうですが、時間有効活用としてはいいですね


まとめ

なかなかいいサービスではないでしょうか?東京ではディズニー以外にもいろんなイベントがありますので、アーティストのライブなども帰り時間を計算して参加できると思います

公式サイトはこちら

私の幼いころの夏休みといえば、宝塚ファミリーランドにいくことでした。森の中を走る車に乗って、備え付けの銃(レーザー式)でマトを狙って打って点数をカウントできるんですが、何度当ててもカウントされるので、まるで高橋名人のようにトリガーをボタンのごとく連打(もやは銃のもち方ではない)してありえない点数を叩き出すのを兄弟で争っていたのを覚えています。そんな宝塚ファミリーランドに連れて行ってくれたおかんは、今はもう・・・働くのをやめて庭の半分を畑に改造して元気な老後を送っています!おとんはいつも仕事で遊園地には来なかったし、未だに現役でバリバリ働いてます

宝塚ファミリーランドはとっくの昔になくなりましたけどね。

2015-07-21 | Posted in 観光No Comments » 

関連記事

Comment





Comment