【カレー探報】もうすでにカレーではない?!スパイス四次元殺法「バンブルビー」


久々に大阪にきて、まずこのカレーが食べたいということで実家から1時間かけて電車を乗り継ぎやってきたバンブルビーの紹介です

場所は?

大阪の西区です。靱公園の南側になります

大阪 カレー バンブルビー

最寄駅は、各種「本町」駅です、出口は四ツ橋筋との交差点からがお勧めです

外観と内装

外観はこんな感じ

大阪 カレー バンブルビー

すぐにわかると思います。すぐ近くに「まろ亭」というカレー屋さんがあります。内装はインドっぽくサイケっぽい。流れる音楽はロックな感じです

メニュー

メニュー表はこちら

大阪 カレー バンブルビー

大阪 カレー バンブルビー

また下の方になればなるほど難易度が上がっていくイメージです。大阪に住んでいた時は、ジビエの山羊は強烈なイメージがあって注文すらしていませんでしたが、うちなーの方ならヒージャーが短なのでそこまで抵抗がないのかもしれません

魅惑のスパイスカレー

今回食べたのは3色です。3箇所あって、1箇所が鳥キーマ、もう一箇所がスペシャルカレーのメニュー、もう一箇所が選択制になります

基本3色マトンか鴨で注文していました。マトンはスパイスで臭みもなく旨味と甘味のある深い味わい。鴨は甘味の強いさっぱりとした印象です

今回マトンにしたんですが、当日のメニューを見ていませんでした。今日はマトンブロックとほうれん草だったので、鳥・マトン・マトンブロック&ほうれん草とマトンかぶりしてしまいました・・・
入り口に看板があるので本日メニューを確認してから注文したほうがようです

そして当日スペシャルカレーが本当にいろんなものがあり、ワタリガニとかムール貝のキモとか冬瓜とか山芋とか基本カレーに入らないようなものが入っていますが、食べれば非常に美味しくスペシャルカレーが楽しみで行っていました

味は強烈なスパイスの中に甘味苦味辛味などが合わさってすでにカレーというものではなく、ある種の芸術作品のような味です。作り方が思い浮かばないような感じです。1年寝かしたカレー?と思うほど熟成感があり非常にうまいです

初心者は注意?

知り合いを連れて行ったことも何度かあるんですが、ほとんどが辛すぎるということで、最後まで食べることができていませんでした・・・一番酷いひとは2口でノックアウトされていました

ある程度の辛さ耐性は求めされますが、ただ若い女性やOLさんもランチで食べるのをよく見かけるので、そこまで辛すぎるということはないはずなんですが・・・辛さに弱いひとは注意が必要です

またお腹のゆるい方は高確率でお腹を壊します。実は私がそうなんです。食べてから3時間くらいで大体ぐるぐるになってしまいますが、それでも止められないんです

まとめ

ここのカレーはオープン直後から食べ始め、当時住んでいた家からはそこそこ距離があるにもかかわらず、週4ここのカレーということもありました。大阪本町付近に伺うなら是非こちらに寄ってみてください。

年間300食以上(チェーン店、家カレー含まず)食べていましたので、その経験をもとにカレーを紹介していきたいと思います

2016-04-08 | Posted in カレーNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment