特別招待作品「沖縄を変えた男」沖縄水産の野球部「栽弘義監督」と沖縄の思い


「島ぜんぶでおーきな祭」の2日目にシネマQで「沖縄を変えた男」を見てきたので紹介したいと思います

「沖縄を変えた男」

沖縄を変えた男

監督:岸本司
キャスト:ゴリ、田中永一、山城智二、川満彩杏、ベンビー、新本奨、比嘉憲吾、川田広樹

作品解説

琉球水産高校に赴任した栽弘義(ゴリ)は、廃部寸前の野球部の監督を務めることになった。荒れ果てたグラウンドを見渡すその視線の先にあるのは、”甲子園優勝”という目標だけだった。徹底したグラウンド整備から始まり、容赦のない過酷なトレーニングと苛烈な指導方法で選手たちを鍛え上げていくうち、栽は選手だけでなく周囲の教師たちからも反感を買うようになっていく。そんな中、琉水に天才ピッチャー太田(田中永一)が入部してくる。試練に耐え抜いた部員たちは、優勝も夢じゃないと思い始めるのだが…。立ちはだかるライバル校・首里学園の壁、太田のケガ、部員たちの反乱、さまざまな困難を乗り越え、栽と球児たちは、やがて沖縄の希望となる

琉球水産高校という架空の名前になっているのは、特定の高校だけでなく栽弘義監督の監督人生のすべてが詰め込まれており、メインとしては沖縄水産になっていることから付いた名前だと思います

監督を始めるに至った経緯や甲子園にこだわる思い、そして沖縄の思いが詰まっています

沖縄の高校野球

以前記事にもしましたが、沖縄ではプロ野球よりも高校野球の人気が高いです。また関西に住んでいた私も沖縄は高校野球の強豪校が多いという印象があります。沖縄出身のプロ野球選手も多く、プロ野球のキャンプ地も多いです。もちろん幼少期に沖縄水産が甲子園で活躍してるのを見ています

しかし以前は一県一代表制ではなかったことから沖縄で優勝しても九州勢に勝たなければ、甲子園に出場はできないため、沖縄にとっては甲子園出場すらも至難でした

厳しい練習

沖縄の人たちは温厚でおおらか、争いごとを好まないだと思います、執着心なども強くないイメージでゆいまーる(助け合い)精神で他人を蹴落としてまで強くなりたいというような人が少ないと思います。実際に沖縄に住んでみて感じたんですが、みんな非常に暖かい、そしてゆったりと時間が流れて沖縄の気候と相まってとても好感が持てます

ただし勝負事に対しては、相性はよくないので、栽監督は徹底的に厳しい練習や徹底的に支配するような教育を実施していたようです

劇中では練習の厳しさ、そして厳しさにこだわる監督の思いも表されていました

球児たちの思い

劇中で一番感動したのは、女性の先生が球児に練習が厳しく暴力も行われていたため問題ないか確認したシーンです

聞かれた生徒は
「僕たちは甲子園を目指しているんです、厳しいのは当たり前なんです」

このセリフを聞いた時、監督の気持ちが生徒にも伝わっており、また生徒は監督と同じ目標に向かって走っているということがわかりました。そこには沖縄の温厚でおおらかな性格を持ちながらも強い意志を感じることができました

実際に当時の選手も同じような気持ちだということが情報からもわかります

以下は肘を骨折しながらも甲子園で投げ抜いた「大野 倫」投入の話です

大阪桐蔭高校との決勝戦敗退に関して、「悔しさは全く無く『やっと終わった』という安堵感が強かった」と述べていた。右肘の痛みに耐えながら決勝戦まで一人で投げ続けた事に関しては「これは僕と栽監督の信頼関係で成り立った話なので」と栽に対して批判する気持ちは持っておらず、さらに「栽監督がもし勝負師に徹していたのならば、(優勝するために)スパッと切って投げさせなかったと思う」とコメントしている。そして「栽監督が『ここまで来たのだから、勝ち負けに拘らず最後まで行こう』と(大野に)温情を入れてしまい、栽監督が『栽先生』になったから、全国制覇を逃してしまったのかも」と述懐していた

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/大野倫

監督と球児の信頼関係が分かる話です。監督と先生は違うんですね

ラストのシーン

ラストで監督の気持ちが溢れるシーンがあります。甲子園という目標達成の気持ちや戦争への思い、退部させた生徒への思い、そして本当の自分ではない自分から解放された思いがあったのだとおもいます

直接指導してもらっていた選手や甲子園を目指していた球児、沖縄に住んでいる人や本土の人、見る人の育った環境や年齢によってそのシーンは捉え方が変わってくると思います

まとめ

見終わった後は、気持ちがぐっと引き締まる思いになり、やってやろう!という思いがこみ上げてきました

舞台挨拶では、最初に「とにかく明るい安村」さんが出てきましたが、こんなにも感動する映画で出てもいないのにパンツいっちょで出てきて申し訳なさそうでした。舞台挨拶で撮ったセルフ安心してください貼っておきます

沖縄を変えた男

そして岸本監督の作品はどれも素晴らしい作品なので是非みてください

忘却の楽園沖縄のスピルバーグ。岸本司監督の「忘却の楽園」と「ニービチの条件」がとても面白い
別記事で紹介したシアタードーナツにて岸本司監督の映画2本立てを見てきました。 沖縄コザのシアタードーナツが心地よい!カフェス...

2016-04-24 | Posted in 島ぜんぶでおーきな祭No Comments » 

関連記事

Comment





Comment